リビンフォート アートギャッベ
リビンフォート アートギャッベ

アートギャッベとは

極上の毛織り絨毯をその目で。

南ペルシャの遊牧民・ガジェガイ=ルリ族が、高地で共に暮らす羊たちの保温・保湿性に優れた上質な毛を刈り、手で紡ぎ、自然の草木で染め上げ、丹念に織り成していく。
一枚一枚を丹念に織り上げているからこその風合いは、特別に美しく、そして人の心を和ませる不思議な力を持っています。

一枚の絨毯で室内の雰囲気がこんなにも変わるものかと、驚かれる方もたくさんいらっしゃいます。
暮らしに暖かみを添える[ギャッベ]を、是非。

リビンフォート アートギャッベ

高地の羊のなめらかな毛が原料

やわらかくなめらかな手ざわり

昼と夜の気温差が30℃近くある高地に暮らす羊の毛は、「毛足が長く、きめ細かく、脂を多く含む」上質な毛質。
アートギャッベは、高地の羊の毛だけで織り上げているので、やわらかくなめらかな手ざわりです。

リビンフォート アートギャッベ

冬を越した羊の、フカフカでにおいのない毛

冬を越した羊の毛だけを使います

夏の羊は動物特有のにおいがあるので、アートギャッベの材料には使用しません。
冬を越した羊のフカフカでにおいのない毛だけで織っているので、やわらかな手ざわりが楽しめます。(一般的なギャッベは、季節を問わず材料にするので、動物特有のにおいがしがち)

リビンフォート アートギャッベ

草木で染めた、自然で安全な発色

科学染料は使用しません

何度も重ねて染めることで美しい色を出す草木染め。
手間も技術も必要なため、一般的なギャッベは簡易な科学染料を使うことが多くなっていますが、アートギャッベは天然の草木のみで染色。体にも安心な発色が楽しめます。

リビンフォート アートギャッベ

感性豊かなカシュガイ族の織る作品

技術と感性の高い織り手

何度も重ねて染めることで美しい色を出す草木染め。
「女性は常に美しくなくてはならない」という掟のあるカシュガイ族。美しい衣服を身にまとう美的センスに優れたカシュガイ族の女性。
その中でも特に技術と感性の高い織り手によるものがアートギャッベと呼ばれます。

リビンフォート アートギャッベ

目利きによる選定

アートギャッベ選定人が現地を訪れ、優れた作品の中からさらに品質のよいものだけを一点一点セレクト。

ギャッベがある生活

リビンフォート アートギャッベ リビンフォート アートギャッベ リビンフォート アートギャッベ
リビンフォート アートギャッベ リビンフォート アートギャッベ リビンフォート アートギャッベ
リビンフォート アートギャッベ リビンフォート アートギャッベ リビンフォート アートギャッベ
リビンフォート アートギャッベ リビンフォート アートギャッベ リビンフォート アートギャッベ